読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーエンドにそよ風を

三十代からハッピーエンドを目指します

娘が生まれて仕事について思うこと

僕の仕事は酒屋です。主にワインや日本酒を専門に販売しています。

なのでこれからお酒に関しての記事も書きたいな〜なんて思っています。ちなみにビールメーカーのような大手ではないですよ。街の酒屋さんです。

 

妻は仕事辞めてますので僕の収入では今の生活はギリギリ三人食べていけるくらい。貯金も充分あるとは言えません。

食べていけるなら良いでしょう。でもね、娘の可愛い寝顔を見てると『このままの仕事、給料でいいのか。もっと娘が想うままに、自由に成長させてやりたくないか』と天の声が聞こえてきます。 

 

さてどうしたものか。

  1. 今の会社で長く働き責任あるポストに就いてお給料アップを狙っていく。
  2. 男なんだからチャレンジもしたいし冒険したい!リスクを取っていこうぜ!ってことで転職を狙っていく。

 

僕のいまの会社は中小企業。一般社員である僕の上司は社長を含めて四人という小さな会社です。それはそれで自由というか、やりやすい部分もありますが、昇給や昇進に関しては明確なルールがなく、言ってしまえば社長の気分次第?なところがあり、仕事に対するでなく会社に対するモチベーションが落ち気味です。ということで(1)はうーん…といた感じ。

 

では(2)。転職しちゃうか!と考えてもお給料が下がっては意味ありません。

自分へのチャレンジ=転職=お給料アップ!が理想的だし妻へのプレゼンもしやすいです。しかし転職に対する様々なリスクと妻と娘の生活を天秤にかけるという不安がつきまといます。

時には自分へのチャレンジや自分の成長のためにお給料が下がることもあるでしょう。でも僕にはもうそれは出来ません。妻と娘が最優先だから。

 

という事で僕は(1)と(2)を同時に攻めることにしました。自分を磨きます。会社の中からでも、外からでも来るべきチャンスに備えて。

 

幸いにもお酒業界は勉強する事が山ほどあり一生かかっても極める事はできません。それでも少しの自信を持てるくらいの知識を身につける。だけどそれだけでは世界は広がらないから自分の底辺を広げるためのプラスアルファを冒険心で探し身につける。

 

今までチャンスは何回もありました。でも自分のスキル不足や勇気が不足してチャンスに乗ることができない苦い経験があります。

 

もう娘のために、人生後半に差し掛かった自分のためにチャンスを逃すようなことはしたくないですからね。

 

二十代の頃もっともっと色々できたはずだよなーなんてほろ苦い後悔をちょっぴり噛み締めることもありますが、とにかく娘のために前に進まなくては!!